個別療育型支援事業所 くるみ

子供たちが社会で生きていくための必要な力を育て子供たちが生きやすい社会の実現を目指します。


放課後等デイサービスとは・・

放課後等デイサービスとは6歳から18歳までのお子様を対象とし、障がいのあるお子様が支援を受けるための施設です。
日常生活の基本動作や知識技術を習得して集団生活に適応できるよう訓練するための通所訓練施設です。

くるみの運営方針

  • ありのままの今の自分を受け入れていく強さを身につけ、その時々の感情に左右されない個人の育成。
  • 学習に取り組む前の準備(鉛筆の持ち方等)、社会面での対人スキル、感情のコントロール、問題解決力を獲得するための個別療育を行います
  • 学習面、身体面(運動面)は学校と今の状況を確認して必要な療育の提案、実施を行います。
  • 思春期のモヤモヤした気持ちを受け止め、感情のコントロールのトレーニングを行います。
  • 将来就労するために必要な訓練を行います。



特徴1  個別療育型
親子で通所して頂きしっかりと個別療育、保護者相談を行います。
多くの児童発達支援・放課後等でとは異なり送迎サービスは行いません。
個別療育にてお子様の成長をしっかりみて頂き、お子様と一緒に『できた!!』を感じて頂くことができます。
特徴2  個別療育を45分
個々のお子様に合わせた療育プログラムに沿い、専門資格を持ったスタッフが1対1で対応、発達・行動・学習・生活面からサポート!!
特徴3  家族支援
障がいのあるお子様をもつご家族のサポートを行っていきます。
家庭内だけで抱え込まず、些細なことでもご相談頂き共に乗り越えていきます。

個別療育について

個別療育室30分

楽しみながら、くるみならではの豊富な教材・教具を使って課題を行います。課題の内容は、個別支援計画にもとづいて、お子さまの発達段階やその日の様子、現在の課題などの応じて組み立てられています。お子さま1人に対してスタッフが1人つきますので、じっくり関わるができ、より丁寧な支援を行います。

多目的室10分

個別のスペースを出ておもちゃや遊具で自由に遊びます。好きなもので遊ぶことをお子様のご褒美とし、より意欲を高め、いろいろな遊具に触れることで好奇心を刺激し、意欲を育てます。遊びながらお友達との関わり方も学んでいくことができます。

保護者様へご報告5分

その日のお子さまの様子やプログラムについて、保護者様にフィードバッグを行います。

*言葉やコミュニケーションを育む課題
*認知の力を育てる課題
*手指操作の向上を目指した手先の訓練
*場面を設定しての行動学習、社会性の向上、環境適応の訓練など・・・
一人一人のお子さまに寄り添い工夫を凝らした教材を使いお子さまに寄り添い成長や不安を一緒に解決していきます。
療育教材の一例をご紹介します。


このようなことで気になることなどはありませんか?

  • 集団生活が苦手
  • 長時間座ってられない
  • 力加減ができない(強くたたく、止められない)
  • 自分に自信がない
  • 運動が苦手
  • コミュニケーションが苦手(友達ができない)
  • 計算ができない
  • 漢字が覚えられない
  • 字がうまく書けない
  • 将来の自立への不安

など・・・きがかりなことや心配なこと・・お気軽にご相談ください。


子供たちが地域の中でその子らしく生き生きと生活できるように、子どもたちの育ちを支え、持っている力を最大限に引き出し、子供たちの生活の質の向上を目指します。



事業所名個別療育型支援事業所 くるみ
事業内容
放課後等デイサービス
所在地福岡県八女郡広川町大字広川1449番地の6
事業の実施地域広川町 八女市 筑後市 久留米市
営業日月曜日から土曜日・祝際日
営業時間9時から18時
電話番号0942-64-9225
FAX番号0942-64-9235